記事一覧

“サファイアクリスタル”ケースのハイウォッチ

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)から新作ハイウォッチ「タンブール ムーン フライング トゥールビヨン ポワンソン・ド・ジュネーヴ サファイアクリスタル」が登場。

ルイ・ヴィトンの新作腕時計「タンブール ムーン フライング トゥールビヨン ポワンソン・ド・ジュネーヴ サファイアクリスタル」の最大の特徴は、あらゆる角度から時計内部が透けて見える“サファイアクリスタル”ケース。硬度が高いサファイアクリスタルのブロックから1つ1つ円柱を削り出すことで、ミドルケースや裏蓋、LVの文字を飾るブリッジを形成している。
パーツを形成するために時計職人が要する時間は、それぞれ250時間、110時間、60時間。時計業界において、原産地、製造、精密性を保証する最高の証「ジュネーヴシール」レベルのウォッチメイキングの歴史においても、この高度な技術で作られたケースは前例がなく、ハイウォッチ愛好家垂涎の一本に仕上がっている。

スケルトンウォッチの美しさを引き立てるディテール

ケースの形は、2017年に発売された「タンブール ムーン」に着想し、三日月の弧をイメージした凹状に。また、スケルトンウォッチの美しさを引き立てるため、浮遊感のあるフライング トゥールビヨンをモノグラム・フラワー モチーフのキャリッジに収めるなど、ムーブメントにも精緻なオープンワークを施している。ケースの外側に刻まれたインデックスと「L-O-I-U-S V-U-I-T-T-O-N」の12文字の溝は、カラーラッカーで色付けした。

ブルーやピンクなど3色

カラーバリエーションは3種類。ブラックPVDコーティングを施したチタン製ラグの無色透明バージョン、プラチナ製ラグのブルーサファイアバージョン、18Kピンクゴールド製ラグのピンクサファイアバージョンが揃う。