記事一覧

シャネル×一生もの腕時計3選!

時代を超えて愛される「一生もの」が多数そろう羨望ブランド

時計というアイテムが、なんだかメンズっぽいような気がして苦手、という人の悩みを払拭してくれるのが『シャネル』。余分も不足もない簡潔さを好んだマドモアゼル・シャネルのスピリットが宿る、洗練された女性のための時計がラインナップされています。
スーパーコピー時計

プルミエール

シャネルの時計部門が初めて発表した時計として1987年に誕生し、今ではブランドアイコンのひとつにもなっている定番モデル。
やわらかい輝きを放つマザー・オブ・パールのフェイスに、優美な曲線の連なったブレスレット。ただ“時間を見る”だけでなく、ジュエリーのような感覚で身につけられ、女心がくすぐられるデザインとなっています。直線的でありながら、女性らしい印象を与える八角形のケースは、香水「シャネルNo.5」のボトルストッパーから着想を得たもの。


J12

スポーティウォッチも『シャネル』の手にかかれば途端にエレガント。「J12」は2000年に誕生し、傷に強いセラミックを使用して高級時計に革新をもたらした名作。写真は数あるモデルの中でも人気の高い、シンプルフェイスのホワイト33mm。


ボーイフレンド ツイード

不朽の名作「プリミエール」をさらにボーイッシュに進化させた、2015年に登場した新定番「ボーイフレンド」。こちらは、ブランドならではのツイードパターンが生かされたブレスに黒フェイスがとってもハンサムな1本。
モードにもコンサバにもOKな、日常に寄り添う名パートナーになります。

関連記事:http://jpwatch.top/
http://mdwwe290.blog.jp/

パネライ“バス釣り”着想の腕時計

パネライ(PANERAI)から、パネライ初の日本人アンバサダーを務める反町隆史とコラボレーションした限定腕時計が、2021年9月下旬より発売予定。

反町隆史が愛する“バス釣り”をウォッチで表現

限定モデルは、反町隆史がプライベートで愛する“バス釣り”や彼が所有する“バスボート”から着想を得た。パネライ コレクションの中で最も有名なモデル「ルミノール」をベースに、パネライの高度な時計製造技術を駆使し、日常だけでなく水上でも活躍する2つの腕時計を制作した。

「ルミノール」は、もともとイタリア海軍に向けて供給されていたモデル。暗闇での視認性を高める夜光塗料“ルミノール”から名付けられたそのモデルは、厚く大ぶりなシルエットと、大きなリューズを保護するプロテクターが特徴的だ。

セラミックケースのオールブラックモデル

限定90本となる「ルミノール クロノ フライバック 反町隆史エディション」は、マットブラックの44mmセラミックケースを起用。全体をマットなブラックにまとめつつ、ラバーコーティングされたリュウズや秒針に“バスボート”をイメージした鮮やかな赤をあしらっている。

DLCコーティングされたチタン製のケースバックは、反町隆史のサインとバスのモチーフを刻印。2つの付属ストラップには、ブラックラバー製と、ウォータースポーツにも適したバイマテリアルのパネライ スポーテック製を用意する。

“バスボート”着想の赤の魅力を宿す「パネライ ゴールドテック」製モデル

限定10本となる「ルミノール クロノ フライバック ゴールドテック 反町隆史エクスペリエンス エディション」は、独自の割合でプラチナと銅を配合することで酸化への耐性を備えた「パネライ ゴールドテック」製の44mmケースを起用。その独特な、赤みのある色合いも特徴だ。
秒針など、パーツ随所にあしらわれた赤色は、反町隆史の“バスボート”のからカラーリングをイメージしている。

バス&サイン入りのサファイアガラスケースバック

サファイアガラスのケースバックには、バスのイメージと反町隆史のサインをあしらった。腕時計には、マットブラックのアリゲーターと、スポーツの際に最適なブラックラバー製のストラップが付属する。

パネライ初のクロノグラフフライバック機能を備えたP.9100キャリバー
なお、両モデル共に、スイス ヌーシャテルのパネライ マニュファクチュールで設計・開発・製造された、初めてクロノグラフフライバック機能を備えた自動巻きP.9100キャリバーを搭載。8時位置のプッシャーを押すと、クロノグラフをリセットして再計測できる。

関連記事:http://iuiushop.top/

シャネル×一生もの腕時計3選

時代を超えて愛される「一生もの」が多数そろう羨望ブランド

時計というアイテムが、なんだかメンズっぽいような気がして苦手、という人の悩みを払拭してくれるのが『シャネル』。余分も不足もない簡潔さを好んだマドモアゼル・シャネルのスピリットが宿る、洗練された女性のための時計がラインナップされています。


プルミエール

シャネルの時計部門が初めて発表した時計として1987年に誕生し、今ではブランドアイコンのひとつにもなっている定番モデル。
やわらかい輝きを放つマザー・オブ・パールのフェイスに、優美な曲線の連なったブレスレット。ただ“時間を見る”だけでなく、ジュエリーのような感覚で身につけられ、女心がくすぐられるデザインとなっています。直線的でありながら、女性らしい印象を与える八角形のケースは、香水「シャネルNo.5」のボトルストッパーから着想を得たもの。


J12

スポーティウォッチも『シャネル』の手にかかれば途端にエレガント。「J12」は2000年に誕生し、傷に強いセラミックを使用して高級時計に革新をもたらした名作。写真は数あるモデルの中でも人気の高い、シンプルフェイスのホワイト33mm。


ボーイフレンド ツイード

不朽の名作「プリミエール」をさらにボーイッシュに進化させた、2015年に登場した新定番「ボーイフレンド」。こちらは、ブランドならではのツイードパターンが生かされたブレスに黒フェイスがとってもハンサムな1本。
モードにもコンサバにもOKな、日常に寄り添う名パートナーになります。

関連記事:http://nakatado.com/diary.cgi

“サファイアクリスタル”ケースのハイウォッチ

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)から新作ハイウォッチ「タンブール ムーン フライング トゥールビヨン ポワンソン・ド・ジュネーヴ サファイアクリスタル」が登場。

ルイ・ヴィトンの新作腕時計「タンブール ムーン フライング トゥールビヨン ポワンソン・ド・ジュネーヴ サファイアクリスタル」の最大の特徴は、あらゆる角度から時計内部が透けて見える“サファイアクリスタル”ケース。硬度が高いサファイアクリスタルのブロックから1つ1つ円柱を削り出すことで、ミドルケースや裏蓋、LVの文字を飾るブリッジを形成している。
パーツを形成するために時計職人が要する時間は、それぞれ250時間、110時間、60時間。時計業界において、原産地、製造、精密性を保証する最高の証「ジュネーヴシール」レベルのウォッチメイキングの歴史においても、この高度な技術で作られたケースは前例がなく、ハイウォッチ愛好家垂涎の一本に仕上がっている。

スケルトンウォッチの美しさを引き立てるディテール

ケースの形は、2017年に発売された「タンブール ムーン」に着想し、三日月の弧をイメージした凹状に。また、スケルトンウォッチの美しさを引き立てるため、浮遊感のあるフライング トゥールビヨンをモノグラム・フラワー モチーフのキャリッジに収めるなど、ムーブメントにも精緻なオープンワークを施している。ケースの外側に刻まれたインデックスと「L-O-I-U-S V-U-I-T-T-O-N」の12文字の溝は、カラーラッカーで色付けした。

ブルーやピンクなど3色

カラーバリエーションは3種類。ブラックPVDコーティングを施したチタン製ラグの無色透明バージョン、プラチナ製ラグのブルーサファイアバージョン、18Kピンクゴールド製ラグのピンクサファイアバージョンが揃う。